皮膚科の処方薬だったハイドロキノンも、しみ対策に

【 しみ化粧品 】の美白効果

研究者

しみのない白い肌は以前から女性にとっては一大テーマでした。しかし最近では男性用のしみ対策化粧品も多く発売されるようになってきています。その目的は主に乾燥対策やにきび予防である場合も多いようですが、しみをケアする成分も配合されているようです。

しみ化粧品と聞くと、使い続ければ肌が白くなっていくものと思いがちですが、一般的なしみ化粧品は、現状を維持し、新たなしみやそばかすを防ぐことに重点が置かれています。基本的には紫外線からいかに肌を守るかが命題なのです。

しかし、最近は、メラニンを減少させ、濃くなったしみを薄くする成分が使用されることもあります。最強のしみ対策成分といわれるビタミンC、そしてお肌の漂白剤ともいわれるハイドロキノンが配合されたものです。

肌質に合ったものを見つけ、継続して使い続ける

美白・シミ取り化粧品

各化粧品メーカーや製薬会社、変わったところではカメラフィルムのメーカーなど、多くの会社で美白は研究され、非常にたくさんの美白化粧品が店頭に並んでいます。成分表示や特徴などをよく見て、自分の肌質に合うものを選ぶ必要があります。肌に合わない成分を含んだものを使用すると、肌トラブルの原因になってしまいます。

また、しみ対策を第一に謳っている化粧品でも、乾燥肌用、脂性肌用、混合肌用など二次的な効果も大切です。パッケージに美白とある化粧品はたくさんあります。化粧水や乳液、美容液、パック、ファンデーションにハンドクリームなど自分が期待している効果を考えて、どのアイテムを購入するかもポイントとなります。

肌質に合ったものを見つけ、継続して使い続ければ、くすみが解消されて、肌色が明るく艶めいて見えるようになるでしょう。

有名メーカー各社のシミ対策化粧品をレビューとして当サイト内にまとめました。下記よりご覧ください。

シミ化粧品 - ベストセレクション

しみの原因〜メラニン色素そのものが原因ではない〜

しみの予防をする前に、知っておかなければならないのがしみの原因です。屋外で日光を浴びたりすると、紫外線を真皮まで到達させないよう、表皮でメラニン色素が生成されます。

肌の新陳代謝が正常に行われていると、メラニン色素は表皮細胞といっしょに肌の表面に排出されます。しかし新陳代謝が活発に行なわれないとメラニン色素が肌の内部に留まってしまい、これがしみの原因となります。

しみができる原因の最たるものは紫外線です。逆にメラニン色素は紫外線を吸収して、人体を守っているのです。問題はメラニン色素ではなく、新陳代謝が鈍ってメラニン色素を排出できなくなってしまうことです。

このメラニン色素はさらに紫外線を浴びることにより、もっと色が濃くなったり、数が増えたりして、しみとして肌表面に現れてくるのです。

しみに関する知識と対策コラム

しみ予防の意外な方法〜目の紫外線対策も同時に行う

しみは人間が元々持っている防御反応の一種です。紫外線から自らを守るために発生するものなので、このしみが発生しなくてもいいように日焼け止めクリームを普段から塗ることはもちろん、できるだけ日差しに当たらないようにすることも、大切です。

しかし日差しに当たらないようにすることは不自然なことであって、日差しに当たることによる健康面のメリットもあります。

オゾン層の破壊が進み、紫外線が皮膚がんや白内障の発生が懸念されていますが、体内のビタミンDの半分以上が日光から作られているということも忘れてはなりません。

実は日焼け止めクリームなどで紫外線をプロテクトする以外にも、有効的なしみ対策があります。それは目から入る紫外線を少なくすることです。意外かもしれませんが、その理由をご説明しましょう。

目に紫外線が入ると、目の細胞にダメージを与え、そうすると脳からの指令でメラノサイト刺激ホルモンが活性化され、肌はメラニンを作り出します。

つまり、肌の日焼けを防ぐために日焼け止めを塗っても、目の紫外線対策も同時に行わなければ、肌が黒くなってしまうということです。

というわけで少しだけ日光浴もしたほうがいいということ。ただしその分、完全防御をする際は日焼け止めクリームを顔に塗ったら、サングラスや日傘で目から入る紫外線もガードすることをおすすめします。

しみに関する知識と対策コラム 目次