便秘の放置はシミ発生につながる!?

あなたは便秘に悩んでいませんか?

多くの女性が悩まされているトラブルのひとつとして「便秘」が挙げられますが、その便秘による悪影響は「おなかが出て、スタイル的に見た目が悪くなる」というだけではありません。

実は便秘の放置は、シミ発生リスクを高めることにもつながるのです。ですから、もしあなたが便秘体質なら、それは今すぐにでも対処する必要があるのです!

便秘の放置がシミ発生リスクを高める理由

便秘の放置がシミ発生リスクを高める最大の理由は「便秘によって腸内で便が腐敗し、そこから有毒物質が発生するから」です。

有害物質たっぷりの腐敗便が長く腸内に留まると、その有害物質が腸壁を経由し、血液内にまで入ってしまうんですよ。

そして、血液内に有害物質が増えると、それに対抗するために白血球などが戦ってくれるのですが、白血球などが戦って毒素を解毒する際、リポフスチンという顆粒が発生します。

このリポフスチンは「加齢性色素」とも呼ばれる存在で、顆粒そのものが黄色〜茶褐色の色を持っています。そしてこのリポフスチンが、いわゆる「老人性のシミ」を作り出してしまうのです。

やっかいなのは、メラニンによってできたシミは消せる可能性が大いにあるのに対して、このリポフスチンによるシミは、ほとんど消せる可能性がない、ということです。

つまり、便秘の放置によるシミは、紫外線などによるシミよりもさらに恐ろしいシミになる可能性が高い、というわけですね。

便秘改善方法あれこれ

というわけで、老人性のシミを作りたくなければ、便秘対策は必須です!

かと言って、便秘薬に頼るというのは非常に危険。便秘薬は、腸を強制的に刺激して排便をうながす作用を持つだけに、長く使えば使うほど腸が疲れ切ってしまい、機能が低下してしまうリスクが高いのです。

では、便秘薬に頼らず、便秘を改善するためにはどうしたらいいかというと…

まずは、朝に、以下の2つのことを試してみることをおすすめします。

  1. 起きたらすぐに、コップ1杯の炭酸水を飲む。
  2. 朝食に、粉末オリゴ糖で甘みをつけたヨーグルトをつける。

炭酸による腸の目覚まし刺激と、オリゴ糖・乳酸菌による腸内環境改善作用が期待できますので、これだけでも続けていけば、便秘が改善されていく可能性は高いですよ。

他にも、以下のような工夫を加えると、さらに効果的ですよ

  • 間食に、おやつ昆布をよく噛んで食べる。
  • 夜寝る前に、コップ1杯の硬水(コントレックスなど)を飲む。
  • ご飯を炊く際、米1合に対し、スプーン半分程度の寒天を入れて炊く。
  • 洋式トイレの便座の前に高さ20センチほどの台を置き、排便したい時はその台に足を乗せる。

>> シミ対策メモ 目次