シミ予防のための「朝のフルーツ&野菜」の注意点

朝のフルーツや野菜摂取は、シミリスクがあるものも?

シミ予防のために、朝食としてビタミンCたっぷりのフルーツや野菜を食べたり、スムージーとして飲んだりしている人は多いと思いますが、実は、フルーツや野菜の中には、「たとえビタミンCがたっぷりでも、別のシミリスクがある」というものが存在するのをご存知でしょうか。

朝に食べるべきではないフルーツ・野菜はこれだ!

さて、朝に食べるとシミリスクがある、注意すべきフルーツや野菜はどんなものがあるかというと、以下のとおりです。

  • レモン・グレープフルーツ・オレンジなどの柑橘類
  • キウイ
  • いちじく
  • セロリ
  • きゅうり
  • パセリ
  • 明日葉

いかがでしょうか。いかにも、朝のフルーツとして食べたり、スムージーに使う機会が多いものばかりだと思いませんか?

なぜ、朝に食べるとシミリスクが上がるのか?

さて、上記のフルーツや野菜を朝に食べると、なぜシミリスクが上がるのか、という点をご説明しましょう。

実は、これらのフルーツや野菜には、いずれも「ソラレン」という物質が多く含まれています。

ソラレンは、紫外線に対して肌を敏感にさせ、その敏感反応でメラニンを過剰発生させる、つまり、シミを発生させるリスクを持っている物質です。

そしてソラレンの作用は、摂取後7時間程度持続しますので、朝にソラレンたっぷりのフルーツや野菜を食べるのは「一番紫外線の強い時間帯に、紫外線に敏感な状態になった弱い肌をさらしてしまう」ということにつながるんですよ。

ですから、これらのフルーツや野菜の摂取は、実は夕方以降にするほうが好ましい、というわけなのです。

朝に安心して食べられるフルーツや野菜は?

というわけで、ソラレンの多いフルーツや野菜を朝に摂ることはおすすめできませんが、「じゃあ、朝はどんなフルーツや野菜ならOKなのか」という点が気になりますよね。

ソラレンが少なく、朝でも安心して食べられるフルーツや野菜としては、以下のようなものが挙げられます。

  • リンゴ
  • バナナ
  • ぶどう
  • スイカ
  • かぼちゃ
  • 大根
  • トマト
  • キャベツ
  • レタス
  • ねぎ
  • ごぼう

普通にフルーツやサラダとして食べるだけでなく、意外とスムージーやみそ汁などに使える食材も多いですから、いろいろ工夫して、「朝のフルーツや野菜は、これらの食品の中から摂取する」ということを心がけてみましょう。

>> シミ対策メモ 目次