紫外線A波とB波、シミの原因になるのはどっち?

紫外線A波とB波

紫外線には、波長の長いA波と、波長の短いB波があります。正確に言えば、実は紫外線にはC波というものも存在するのですが、これは波長が短すぎて地球上の地表には届いていないので、実質的には無視された存在です。

ちなみに、日焼け止めなどで「SPA」や「PA」による効果表示を見かけますが、SPAは紫外線B波に対するブロック力、PAは紫外線A波に対するブロック力を示すものとなります。

ですからたとえば、「SPF50・PA+」などという日焼け止めがあった場合、紫外線B波に対するブロック力は十分すぎるほどあるものの、紫外線A波のブロック力はやや頼りない、という解釈になりますね。

ところで、地表に届く紫外線A波とB波、いったいどちらがシミの原因となるのでしょうか?

紫外線A波とシミの関係

ではまず、紫外線A波のほうから見ていきましょう。

紫外線A波は、肌の奥深くまで届いてメラニンを発生させ、肌の色素沈着を起こす作用が強い紫外線です。

ですからこの紫外線A波はもちろん、「シミと大きく関係のある紫外線」と言えます。

紫外線B波とシミの関係

では、紫外線B波はシミとは関係ないのでしょうか?

いえいえ、こちらもそういうわけではありません。紫外線B波は、「日に当たると肌が赤く炎症を起こす」という症状の主犯となる紫外線で、この炎症がシミの原因となることもよくあります。

つまり、紫外線はA波であろうとB波であろうと、シミの発生に大いにかかわりがある存在だ、ということです。

>> シミ対策メモ 目次