シミを目立たせないメイクの工夫

今あるシミはとりあえずメイクで対策!

すでにできてしまったシミの対策は「美白コスメで毎日ケアをする」というのも重要ですが、いくらすぐれた美白コスメであっても、実際に美白効果が出るまでは時間がかかります。

ですから、当面の間は「メイクを工夫してシミを目立たせないようにする」という手も使うべきです。

そのコツをご紹介しましょう!

コンシーラーは固形タイプをピンポイントで!

シミをうまく隠すために、まず使うべきはコンシーラー。

コンシーラーは固形タイプとクリームタイプがありますが、粒子の密度が高く、しっかりとシミを隠しやすいのは固形タイプです。

固形コンシーラーを、「厚塗りせず、シミのある部分だけにピンポイントにサッとつけ、トントンと指の腹でなじませる」という形で使います。完全にシミが隠れなくてもOK!むしろ、完全に隠そうとして厚塗りしてしまうと、あとからメイクの崩れがひどくなってしまいます。

コンシーラーの色は、肌とほぼ同じ色または、ほんの少しだけ濃い色のコンシーラーを選びましょう。明るい色にすると、ピンポイントでつけたコンシーラーの部分だけが浮いて見え、逆効果となりやすいので要注意ですよ。

パウダーファンデーションも厚塗り厳禁!

ファンデーションは、クリームタイプやリキッドタイプもありますが、「粒子の密度が高く、物理的に紫外線をはね返せて、シミも隠しやすい」というメリットがあるのはパウダータイプ。これをコンシーラーのあとに使います。

せっかくつけたコンシーラーを崩さないように、ファンデーションでコンシーラー部分をゴシッとこすってしまわないよう気をつけましょう。こちらも厚塗りせず、さっとカバーする程度でOKです。

たとえ厚塗りしなくても、固形コンシーラーとパウダーファンデーションのダブルの粒子の密度で、シミの目立ちも結構抑えられてきているはず。

ラストはフェイスパウダーで!

仕上げに、ごく軽くフェイスパウダーを顔全体につけます。

自然な仕上がりに見えるようにするために、軽くフェイスブラシをかけて余分な粉を落としましょう。ここまでやれば、シミはかなり目立たない状態になっているでしょう。

この段階でも「まだうっすらと見える」と思う人も居るかもしれませんが、シミのポイントを分かっていて、さらにそこを注視している本人の目から見て「うっすら見える」という程度なら、他人にとってはほぼ気にならないレベルと言っていいので、それで大丈夫ですよ。

あと、メイク直しをする時は、軽くティッシュオフして余分な油分を吸い取り、ピンポイントでシミ部分にコンシーラーを軽くのせてから、顔全体にごく軽くフェイスパウダー+フェイスブラシ、と対応すればOKです。

>> シミ対策メモ 目次