油断しがちな「屋内紫外線」には要注意!

紫外線対策は屋内でも必要!?

シミを作り出してしまう最大の要因となるのが「紫外線」ですが、あなたは、その紫外線に対する対策をきちんとやっていますか?

「外出する時は帽子や日傘で紫外線対策をしているから大丈夫」という人もいるでしょうが、実は、紫外線対策はそれだけでは不十分。

たとえ外に出ず、「屋内だけで過ごす」という日であっても、紫外線対策をしておくことが必要です。

屋内でも紫外線対策が必要な理由

なぜ、屋内でも紫外線対策が必要なのかというと・・・これは「屋内にも、意外と紫外線は入り込んでいる」という事実があるからです。

紫外線はガラスを通過するだけでなく、床や壁などに当たれば反射します。

この反射があるからこそ、「屋内で、陰になっているところなら大丈夫」とは言い切れないんですよ。

屋内の紫外線対策のやり方

では、屋内の紫外線対策はどうすればいいのかというと・・・

まずは、「窓からの紫外線」を軽減することが大切ですね。UVカット効果のあるフィルムを貼ったり、カーテンやブラインドを利用する、などといった手があります。

また、できれば日焼け止めも使っておきましょう。とは言え、あまり強い日焼け止めを使うのは、皮膚刺激が強いのでおすすめできません。

屋内の紫外線対策として使うのであれば、日焼け止めはSPFは15から20、そしてPAは+から++程度のものでじゅうぶんです。

紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱剤を使用しているものを選びましょう。

>> シミ対策メモ 目次