こんなにある!シミの種類

シミにはいろんな種類がある

「シミ」というのは、実は、すべて同じようなものではなく、実はいろんな種類に分かれています。

ここで、代表的なシミの種類と、その概要についてご説明しましょう。

肝斑(かんぱん)

頬などに、ほぼ左右対称の形でできるシミです。女性ホルモンの乱れが主原因と考えられ、妊娠中・更年期などの時期および、ピルを服用している人に生じやすいと言われています。

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

皮膚が炎症を起こしているところに、さらに刺激やダメージを受けることによってできるシミのこと。

「ニキビをつぶしたあとに色素沈着してしまった」「やけどのあとがシミのように残ってしまった」などというのが、これにあたります。

雀卵斑(じゃくらんはん)

小さな斑点のようなシミが、鼻およびその周辺に散らばるようにできるもの。いわゆる「そばかす」とは、この雀卵斑のことを指します。

雀卵斑の原因は、遺伝によるものが大きいと考えられています。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

名前だけを聞くと「老人特有のシミ」という印象を受けますが、そうではありません。

老人性色素斑とは、肌が紫外線による光老化を起こしてしまうと発生するシミで、頬骨など、日が特によく当たる所に出現しやすいという特徴を持っています。

原因は言うまでもなく紫外線の害。若いころから日焼けをしていた人は、この老人性色素斑によるシミが特に出やすい傾向があります。

ちなみに、若いころに日焼けを気にせず過ごしていた私の顔に、最初に出現したシミも、左頬骨上の老人性色素斑でした。

>> シミ対策メモ 目次