ストレスはシミの原因になる!

ストレスとシミの関係

シミの原因というと、どうしても紫外線ばかりが注目されがちですが、実はストレスというのも、シミの発生を招く大きな原因のひとつになっていることをご存知ですか?

ストレスが溜まることで活性酸素の大量発生を招き、この活性酸素が肌細胞を老化させてしまい、それがシミを作る原因となってしまうんですよ。

また、ストレスによって自律神経が乱れ、肌細胞の修復に支障をきたす、という点でも、シミを作りやすい状況を招いてしまいます。

やってみよう!ストレス度チェック

というわけで、ストレスは「シミを生み出してしまう、肌の大敵」ということになるわけですが、実際、今のあなたのストレス度はどんなものでしょうか?

ちょっとここでチェックしてみましょう。

  • 仕事上で問題を抱えている。
  • 家庭内で問題を抱えている。
  • 常に体がだるい気がする。
  • 風邪の治りが他人よりも遅いと思う。
  • 入浴は、ササッとシャワーで済ませる「カラスの行水」状態。
  • 鏡で自分の顔を見ても「疲れてるな」と思えてしまう。
  • カーッとなりやすい。以前より短気になったと思う。
  • 寝つきが悪い・眠りが浅い、などの理由で、寝ても疲れが取れない。
  • 生理不順や重いPMS(月経前症候群)で困っている。
  • 背中にハリや痛みを感じている。
  • 趣味などは特になく、休日は寝坊したりボーッと過ごしたりするだけ。

これらの症状の中で、3つ以上当てはまる人は、ストレス体質になりかけている、黄信号の状態です。

7つ以上当てはまる人は文句なしに赤信号、すでに相当なストレスが溜まっている状態だと言えるでしょう。

まずは「仕事の合間合間の深呼吸と、湯船入浴」を心がけるところから、ストレス軽減をはかってみてはいかがですか。

>> ストレスでシミが悪化する理由についてはこちら

>> シミ対策メモ 目次