週に一度は美白パック!

いつもの美白ケアにパックをプラス!

シミ対策のために、美白作用をより高めるには「日々の美白コスメでのケアにプラスして、週に一度、スペシャルケアとして美白パックをする」というのがおすすめです。

休前日の夜に、ぜひやってみましょう!

もっともお手軽な美白パックはこれ!

まず、もっともお手軽な美白パックとしておすすめなのが、「市販のシートパックに、いつもの美白コスメをたっぷりと使う」というもの。

化粧水と美容液を混ぜたものを、シートがひたひたになるくらいまで使い、それを顔の上にかぶせ、さらにその上から、「目・鼻・口の部分に穴を開けたラップ」をかぶせます。

そしてできれば、その上からさらに蒸しタオルをかぶせましょう。この状態で5分ほど待てば、パック終了です。

ラップによって化粧水&美容液が蒸発しにくくなるだけでなく、蒸しタオルによる温熱作用もあって、美白成分がいつもよりたっぷり、肌にしっかりとなじみますよ。

ちなみに蒸しタオルをかぶせない場合は、10分ほどじっくりパックするのがおすすめですよ。

こんな手作りパックもおすすめ!

では次に、「いつもの美白コスメとは違う、手作りの美白パック」のおすすめもご紹介しましょう。

まずおすすめなのは、「酒かすパック」です。

酒かすには、美白成分として名高いアルブチンやコウジ酸、さらに抗酸化作用の高いフェルラ酸がたっぷりなので、シミ予防・対策にうってつけなのです。

酒かすパックの作り方は簡単。酒かすと適量の水を、ジップロックなど丈夫な袋に入れてよくもみ、耳たぶよりも多少やわらかい程度に仕上げるだけ。

顔にたっぷりと重ねづけして、10分ほどしてから洗い流します。 効果を高めたいなら、目・鼻・口部分に穴を開けたラップをかぶせましょう。

ちなみに、酒かすは粉末タイプのものを買うほうが、保存に便利なのでおすすめですよ。

ただし、このパックはアルコールに弱い人は肌トラブルを起こす可能性があるので、使用は控えて下さい。

「アルコールに弱い、というほどじゃないけど、ちょっと心配」という人は、パック剤をやわらかめに作ってから器に入れ、ラップをかけずにレンジで数十秒ほど加熱すると、ある程度のアルコールを飛ばすことができます。

というわけで、酒かすパックはとてもおすすめですが、中には「アルコールに弱いから酒かすパックは使えない」「アルコール自体は大丈夫だけど、あのにおいが苦手」という人も居ますよね。

そんな人には、「緑茶パック」がおすすめです。

緑茶は非常にビタミンC豊富なので、ビタミンCによる美白作用と抗酸化作用がたっぷり得られるだけでなく、さらに抗酸化成分のカテキンも豊富なので、肌細胞の老化防止に対する働きかけが強いのです。

粉末緑茶(なければ通常の緑茶の葉をすりつぶしたものでOK)小さじ1・小麦粉小さじ2を用意し、そこに水を少しずつ加えて、耳たぶより少しやわらかい程度に仕上げれば完成です。小麦粉と水の代わりに、ヨーグルトを使う、というのもおすすめですよ。

パックのやり方は、酒かすパックと同じです。

>> シミ対策メモ 目次