ビタミンCの効果を正しく知って美白になろう

UVケアと禁煙が前提

ビタミンCは美白・美肌に対して効果的に力を発揮する栄養素といわれています。ここ数年は健康的に日焼けをした肌よりも、しみ対策とともに、透き通るような美しい美肌・美白を手に入れようとしている女性たちから強く支持されているビタミンの1つです。

ビタミンCを日々の生活の中で取り入れることはもちろんですが、外出時だけではなくUVケアを常に怠らず行ったり、タバコを控えたりと美白になるためにはビタミンCの摂取以外にも実行すべきことがいくつかあります。その上で、お肌のお手入れに美白化粧品を利用したり、ビタミン剤などの補助栄養剤を利用していくのもよいでしょう。


単純にビタミンCを毎日規定量摂取するだけで美白効果を望むことはできません。まず、美白を手に入れたいと考える女性には、日焼けをしてしまったのでなんとかしたい、しみなどが気になるといったことからすぐにお肌を美しくしたい、元に戻したいと考える方もいるでしょう。

しみを薄くする作用・お肌の新陳代謝も活発化

確かにビタミンCには日焼けやしみに対する効果があることは分かってしますが、時間をかけることなく美肌を手に入れることは難しいといえます。ビタミンCには抗酸化作用があり、しみを薄くする作用やお肌の新陳代謝を活発化してくれる働きもあります。

また、美白の天敵ともいえるメラニンを増やすことなくその合成を食い止めてくれたり、メラニンそのものを肌の外に追いやってくれる働きもあります。

とはいえ、お肌にはサイクル、周期性があり、28日間かけてやっとお肌の状態が変わってくることを実感することができようになります。つまり、ビタミンCをお手入れなどに取り入れたからといって効果がすぐにあらわれるわけではないのです。