しみを治す化粧品【強力なタイプを厳選】

しみ?くすみ?白く美しくないと感じたら

研究者

しみを治す化粧品を買おうと、デパートやドラッグストアに足を運んでも、あまりの商品の多さに目移りしてしまって、結局買わずに帰ってしまう、そんな経験をしたことはありませんか。

長年愛用している化粧品がある場合はともかく、今使っているものにいまひとつ満足がいかない場合の化粧品選びのポイントを考えてみましょう。

自分の肌が白く美しくないと感じる原因として、しみやくすみが挙げられます。紫外線をカットして新しいしみを作らず、すでにあるしみやくすみを治す効果の高い化粧品にターゲットを絞ります。


しみを治す効果、美白効果のある成分

一般的な化粧品においてしみを治し、美白効果のある成分はビタミンC、プラセンタエキス、コウジ酸、エラグ酸、アルブチン、ルシノールです。特にビタミンC誘導体は角質層への浸透力に優れ、高い美白効果が得られます。

ビタミンC誘導体とともに今注目されている成分にハイドロキノンがあります。アルブチンの100倍の威力があり究極の美白成分といわれ、濃くなってしまったしみを薄くする効果があります。このハイドロキノンを化粧品に配合し、さらに医療現場で培われた浸透テクノロジーを採用しているb.glen社の美白化粧品が口コミで人気となっております。


美白化粧品をご検討の方は、できれば購入前にトライアルセットを手に入れましょう。美白の成分は確かでも、肌に合わないということもありえます。

白く美しい肌を得るには、肌質に合った美白化粧品を長く使い続けることがとても大切です。しみやそばかすの原因となる紫外線は、2月ごろから増え、6〜8月でピークに、9月ごろから減少しますが、年間通じて降り注ぎます。紫外線のピークの時期だけ気を使うのではなく、一年を通じて使い続けることで効果を生むのです。