美白化粧品の季節ごとの使い分け

季節と共に変わる肌の状態に合わせて

なんだか最近、化粧品の保湿力に物足りなさを感じる、あるいは初夏にそれまで使っていた化粧品ではべたつきを感じるようになる、季節の変わり目にはよくあることです。季節と共に変わる肌の状態に合わせて、化粧品の方も使い分けるといいですね。

夏は汗で肌のべたつきが気になって、使用感がさっぱりしていて、なおかつ美白効果の高い化粧品を使っている人が多いのではないでしょうか。

季節を問わず、スキンケアの後、突っ張り感があるという場合、原因は美白化粧品かもしれません。夏は紫外線照射量も多く、しみやそばかすが気になる季節ということもあり、化粧水から乳液、化粧下地、ファンデーションに至るまですべて美白化粧品で揃えている方もいるでしょう。

実は、ほとんどの美白化粧品に入っているビタミンCは皮脂を抑制する効果もありますから、肌が突っ張るというような現象が起こる場合もあるのです。肌の乾燥が気になるなら、保湿クリームなどを足してあげましょう。夏はべたつきの方に意識が向いてしまいですが、実は思いの外、クーラーや紫外線は肌の水分不足を招きます。

自分の肌をよく観察して、こってりorサッパリ?

自分の肌をよく観察してうまく使い分けましょう。酷く乾燥しているなら美白化粧品を油分の多いものに切り替えるとか、ちょっと乾き気味ならさっぱり系のラインに保湿クリームをプラスするなど工夫しましょう。

逆にしっとり系の美白化粧品を使用していて、べたつき感が気になるなら、油分が控えめのさっぱりした使用感のものに変えてみるといいかもしれません。