美白に良いビタミンCの種類とは

直接つけただけではなかなか染み込まない

アミノ酸の代謝活動を刺激して、コラーゲンがつくられるのを促進させたり、皮脂腺が活動するのを抑制し毛穴をきゅっと引き締めて無駄な皮脂が分泌されるのを抑制し、にきびの修復をするなどの効力が、ビタミンCにはあります。

美白の効力で知られているビタミンCですが、その他にも保湿の他にもいろんな効力があるため、様々な美白美容液や美白化粧品に、幅広く用いられています。

美白の効力があり、肌に良いことで有名なビタミンCですが、直に肌につけただけではなかなか染み込んではいきません。ビタミンCを肌へとつけても、美肌や美白の効果がすぐさま得られるということではないのです。


ビタミンC誘導体という肌に染み込みやすいビタミンC

また、熱が苦手で、空気や水に接すると酸化の進行してしまうビタミンCは、あまり安定性の高い物質ではありません。なので、美白化粧品にはビタミンC誘導体という、肌に染み込みやすいビタミンCが用いられているのです。

ビタミンCで美白化粧品に用いられている種類としては、アスコルビン酸2-グルコシドやL-アスコルビン酸などが挙げられます。また、リン酸アスコルビン酸マグネシウム(VC-PMG)やテトラヘキシンルデカン酸アスコルビン(VCIP)、リン酸アスコルビン酸ナトリウム(VC-PNA)などもよく用いられています。

こういったビタミンCは、いずれも美肌や美白の効果が望めるものです。また、各々さまざまな特色を持っています。

油溶性であるVCIPは、ビタミンCの中でも肌の細胞へと染み込みやすいビタミンです。また、水溶性であるVC-PMGやVC-PNAは、ビタミンC誘導体のため、短い時間で肌へと染み込むビタミンなのです。