ビタミンCを食品から摂取して美白を目指す

オレンジ、キウイ、小松菜、ピーマン、ブロッコリー…

フルーツや野菜の中にはビタミンCを多く含むものがあります。例えば、オレンジには1個当たり80mg、柿1個で93mg、キウイは1個の中に114mgのビタミンCが入っています。また、野菜ですと、小松菜、ピーマン、ブロッコリーにビタミンCは多く含まれています。

ビタミンCは美肌・美白を手に入れたいと思う方なら是非とも積極的に摂取する必要のある栄養素になります。

ビタミンCは、身体の中にあるコラーゲン物質を生成する際に必要な栄養素でもあり、美白作用だけでなく、老化を加速させる活性酸素を取り除いたり、シワにも効果のあるものとして知られています。

つまり、ビタミンCには、美白効果があるだけではなく、お肌の問題を根本的に改善させる作用があるといえます。


ビタミンC摂取量の目安

それでは、美白や美しいお肌を目指す方が1日にどのくらいビタミンCを摂取すれば良いかというと、成人男女で100r、妊娠中の方は110r、赤ちゃんに授乳を行っている最中の方は140rを1日に摂取することが望ましいとされています。

しかし、フルーツや野菜などの食品を日々の生活の中で積極的に摂取していても継続性がないと効果はなかなか表れません。どうしても、日常生活の食事の中でビタミンCの摂取が難しいといった場合にはグレープフルーツやオレンジジュースといった100%果汁のジュースを飲むことをお勧めします。

また、ビタミンCは熱に弱く、水に溶けやすい性質があるため、食品を調理する際にはこれらのことに気をつけるとよいでしょう。