ビタミンC誘導体の登場と美白効果の関係

ビタミンCは内側からと外側から

お肌には内側からと外側からの働きかけで効率を上げましょう。美肌・美白になりたいのならば、毎日のお手入れの中でまず取り入れたいのがビタミンCの摂取ですが、ビタミンCは食品やビタミン剤、飲料からの摂取だけではなく、化粧品などを使用してその効果を得るという方法もあります。

女性ならば、肌のくすみや年齢とともにしみやくすみが気になるという悩みを持っている方も多くいるのではないでしょうか。

ビタミンCには美肌はもちろんのこと日焼けやストレスによって損なわれてしまった美白を手に入れることも可能な栄養素が含まれています。

ただ、美白になりたいと化粧品や食品、飲料からビタミンCを摂取したとしても、ビタミンCの持つ熱や水分に弱い性質や空気に対して酸化しやすいという特性は美白への効果をなかなか実感しにくい状況にありました。


2種類のビタミンC誘導体

そこで、様々な研究メーカーの手によって、本来の天然型ビタミンCを改良し、あらゆる環境に対する耐性を持つビタミンC誘導体が開発されました。ビタミンC誘導体は、天然型と呼ばれる本来のものよりも体内に吸収・浸透されやすい物質に改良されていて、水溶性・油溶性の2種類があります。

この2種は、いずれも美肌・美白のための化粧品に製品化することが可能で、天然型のビタミンCと比べるとお肌への浸透率が高く、美白作用をより期待できるものとなっています。天然ビタミンCの持つ成分を開発したことにより登場したビタミンC誘導体は、なかなか実感することのできなかった美白への作用をより効果的に期待することを可能にしています。